誕生日が来る度に怯える必要なし|若返りを目指す全ての人へ贈る秘術

美白の効果がある

手

皮膚に浸透しやすい

ビタミンcには抗酸化作用があり、化粧品に配合することで、アンチエイジングや美白の効果が期待できます。ビタミンcは壊れやすい成分なので、化粧品に配合するときには、ビタミンc誘導体に加工することで、安定して肌へと浸透させることができます。ビタミンc誘導体が配合された化粧品が人気の理由は、ビタミンcが皮膚へと浸透しやすくなっているからです。ビタミンc誘導体は、分子が小さく、肌の奥まで浸透して、コラーゲンの生成を促す効果があり、肌の張りや艶をアップさせることができます。肌の新陳代謝を促すことができ、メラニンの発生を抑えて、シミ予防にも効果があり、美しい肌を保てるので人気があります。皮脂の分泌を抑える作用もあるので、ニキビ予防にもなります。

油溶性と水溶性がある

ビタミンc誘導体には、水溶性の成分と、油溶性の成分、両方の特性を持つ成分があり、それぞれ浸透率が違います。水溶性と油溶性の、両方の特性を持つ成分が最も浸透性が高く、価格も高価なので、ドクターズコスメやクリニックなどで使用されています。次に浸透性が高いのが油溶性の成分で、オイルやクリームなどの化粧品に配合されています。水溶性の成分は、化粧水に配合されていて、数多くの商品が販売されています。ビタミンc誘導体は、肌に浸透してからビタミンcに変化する性質を持ち、肌の中でビタミンcに変化するまでの時間にも違いがあります。ビタミンc誘導体は、皮脂の分泌を抑えるので、乾燥肌の人は保湿をしっかりする必要があります。